どれが答えだ!

20代んときからウルフルズが大好きで

ウルフルズの「それが答えだ!」という曲が凄く好きで


当時も「答え」を探している頃 「答えが無いのも『答え』なんや」と


つい最近は「これが答えだ!」と自分なりにやっていることの答え合わせしたり


与えてくれる、正解を探すんじゃなくて、自分で答えを「どや」と出さねばならんなあ、と


で、今 結構岐路に立ってて 本当にこれでいいのかなあ と逡巡


40過ぎていまさらなこんな決断したはいいけれど、やはり色々と個人的に消耗


先に言っておくと、本当は家族は一緒に居たほうがいいと思うし いまだにそう思う



その反面 このまま家族といてはオチが見えていて 一歩も先に進めない



今日の仕事が終わったのが8時半ぐらい 帰り道、夏の花火がちょうど打ちあがっていて


なんだか自分の人生のようで


あの花火を幸せな夏のひと時として過ごせない 遠目の憧憬でしか見れないのかな


でも今のままでは 誰かの為 お互いにもたれかかってしか過ごせない



今回の決断もまだ自分の中でモヤッとしてます 正解じゃないかもしれないです


不正解かもしれません 特に40過ぎて調子に乗った決断なんてろくなもんじゃないと

常々考えてます



でも選択なんて前にも書いたとおりそんなに躊躇してもどうしようもなく


その後どうするかが大事だと思うのです



正解じゃなくても、遠目で花火を指をくわえて憧れるより、その場に身を置いて


わかることもあると



家族にも自分自身で幸せになってもらわないと困るのです


以前叔父に「意見するなら今すぐ俺を幸せにしてみろ」などと啖呵をきったことが



良かれと思ったことを無下にして申し訳ないけれど


他人の正解が自分にとって誤答だったり 自分の正解が他人や家族に不正解だったり



よく分かりませんが いまさらながらに答えを探しに


このままでは人生に「白票」となってしまうと思っての決断