至福の音

しつこいですが某ドリームシアターのオクタヴィリウムは名盤なのだ

アルバムタイトル曲の「オクタヴィリウム」は一曲だけで24分
普通の人なら「だり〜〜〜」長さなのですが
おっさん的には「もっと〜〜〜〜!!」って感じの超大作


まずイントロが5分(普通なら十分お腹一杯)
序章が10分
そのあと音で「語る」部分5分
アウトロ5分

・・・・ええ〜〜〜何回聞いても気持ちええ〜〜〜


いいなあ・・・こういう表現ができる能力があって
表現したいコンセプトがあるのは・・・


DVDで演奏している姿を見ていると
「気持ちええやろなあ〜〜」って思うなあ


しつこいけれどおっさんも何かしらそういうことやりたいな・・・